為替・株式相場見通し材料(テクニカル、イベント・12月5日~9日の週)

12月5日-9日の為替相場は、ドル高や円安の持続性と過熱調整をにらんだ展開となる。対ドルでの欧州通貨安、資源国通貨安、新興国通貨安についても、反動調整による買い戻しと根強い戻り売りが焦点になる。

ドル/円の週足テクニカルでは、上値メドとして一目均衡表の先行スパンの雲の上限114.40-45円前後、115.00円前後、117.50円の節目などが視界に入ってきた。フィボナッチ分析では、昨年6月以降の高値から安値の61.8%戻し115.58円前後、76.4%戻し119.51円前後などが焦点になる。
反対にドルの下値メドは、4週移動平均線111.04円前後、雲の下限110.24円前後、52週線108.96円前後などが注視される。先行き12月16週以降に雲の下限が横這い化している112.10円前後も、重要な下値ポイントになりそうだ。
続きを読む 為替・株式相場見通し材料(テクニカル、イベント・12月5日~9日の週)