FX値動き予想材料(12月22日の主な経済指標・イベント解説)

22日(木)
18:00 ECB経済報告
(米新政権での政策期待やユーロ安、中国の減速一服などが景気判断にプラス)
22:30 加10月小売売上高
22:30 加11月消費者物価指数
(原油反発や米中経済の持ち直しなどがカナダ指標のプラス要因に)
22:30 米7-9月期GDP統計[確報]
(在庫投資の反動増や住宅市場の底堅さ、輸出減一服などがプラス材料)

22:30 米11月耐久財受注[速報]
(米新政権での政策期待や原油反発による資源会社の投資再開、自動車販売の底堅さなどが好材料)
22:30 米新規失業保険申請件数
(申請減少の改善持続と、年末商戦向け臨時雇用のピークアウトによる改善の鈍化にらむ)
24:00 米11月個人所得/個人支出
(自動車販売は底堅さも小売売上高は伸び悩み。年末商戦は終盤までの値下げ待ちも)
24:00 米11月PCEデフレーター
(賃金伸び悩みやドル高などが物価の上昇を抑制)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です