FX値動き予想材料(12月9日の主な経済指標・イベント解説)

8日(木)
22:30 ドラギECB総裁、記者会見
(原油反発やユーロ高、米新政権の政策期待はインフレ要因。緩和強化に慎重姿勢ならユーロ高)
22:30 加7-9月期設備稼働率
22:30 加10月新築住宅価格指数
22:30 加10月住宅建設許可
(金利低下や原油下げ止まりなどが、カナダ経済の下支え要因に)
22:30 米新規失業保険申請件数

(前週までは改善傾向。年末商戦向け臨時雇用のピークアウトなどは調整悪化の材料に)
時間未定 中国11月貿易収支
(欧米経済の持ち直しや人民元安効果などによる輸出の下げ止まり焦点。輸入は財政出動が下支え)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です