FX・株式市場値動き予想材料(11月23日の主な経済指標・イベント解説)

23日(水)
17:30 独11月製造業/非製造業PMI[速報]
18:00 ユーロ圏11月製造業/非製造業/総合PMI[速報]
(米新政権での経済政策期待やユーロ安、中国の減速一服などが支援材料)
22:30 米10月耐久財受注[速報]
(同じ10月のISM製造業景況指数で生産は改善。原油生産の再開などもプラス要因)

22:30 米新規失業保険申請件数
(年末商戦向け臨時雇用などがプラス。調整的な反動鈍化や大統領選関連の雇用剥落は懸念材料)
23:00 米9月及び7-9月期住宅価格指数
(雇用・賃金の改善や長期金利の低下などで、7-9月の住宅指標は総じて良好となってきた)
23:45 米11月製造業PMI[速報]
(米トランプ新政権での経済対策期待などで、11月指標は改善傾向。ドル高や金利上昇は重石)
24:00 米10月新築住宅販売件数
(雇用や賃金の改善などが支援材料。ただし、10月は米大統領選前の手控えや金利上昇などが悪材料)
24:00 米11月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報]
(米トランプ新政権での経済対策期待や年末商戦がプラス要因。急激な金利上昇はマイナス要因)
24:30 EIA週間石油在庫統計
(大統領選警戒の生産活動抑制の反動や暖房油需要などで、在庫は減少も。原油相場を下支え)
28:00 米FOMC[米連邦公開市場委員会]議事録公表[11月1、2日分]
(12月利上げの地ならしが見られると、ドルの押し目買い地合いを支援)
[日本]勤労感謝の日
(日本市場の休場時には、ちょっとした悪材料の浮上でリスク回避の円高仕掛けが入りやすい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です