FXトレード材料

前日アジア市場のリスク・オフは海外で一変。
株高・金利上昇のリスク・オンムード。 

市場ではトランプ次期大統領の経済政策運営に期待高まり。 

議会を共和党が押さえたことで、減税や財政出動など人気取り政策は早めに実現でしょう。

安保見直しやNAFTA、メキシコ国境問題など問題含む過激政策は議論停滞。 結果として当面の米景気を押し上げる効果が先んじて顕在化する可能性ありで、株高へ。財政と株高が金利上昇を促しドルにも上昇圧力。米利上げも従来の想定維持が可。

企業の海外資金回収促す政策は05年の本国投資法(HIA)を想起、ドル高的で、米景気堅調で株高・ドル高なら日本にも追い風。

大幅な円高・株安は悲観過多でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です